夏は強い日差しが照りつけることで、顔や肌の日焼けを気にする方は多いのですが、頭皮の日焼けを気にする方はあまりいらっしゃいません。
直接紫外線が当たりやすい頭は顔の4倍もの紫外線を浴びると言われています。
紫外線は髪のキューティクルを壊すだけでなく、頭皮の血流を悪くさせてしまいますので、最終的に薄毛の原因にもなってしまうのです。
帽子を被ることで出来る限り予防するのがベストですが、帽子を忘れてしまったりして日焼けしてしまった場合には、保冷剤等で頭を冷やしてください。

また、夏と言えば海とプールですが、海に含まれる塩分やプールの塩素というものも頭皮に影響するので、日焼けと一緒に注意する必要があります。
海やプールに入った日は出来るだけ早めにシャンプーでこれらの塩分や塩素を落とすようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る