おへその下を温めて薄毛対策?

おへその下、だいたい指3本くらいの所には「丹田」と呼ばれるツボがあります。
ここは腎臓の機能と密接な関係のある場所で、温めてあげることで身体に足りていないエネルギーを補えるともされています。
髪の毛と腎臓の働きは密接な関係があり、腎臓や肝臓を健やかにすることで抜け毛体質を改善することができるのです。

つまり、丹田を温めて腎臓の働きを改善させることは、薬の力を借りず身体の自然治癒力のみの力で薄毛の改善を見込めることになります。
丹田が温まると、内臓の働きを良い方向に持っていってくれるため、薄毛対策だけでなく体全体の健康にも良い影響がありますよ。
温める方法は腹巻きをしてみたりカイロを使ってみたり、お灸を使ってみてもいいので、ぜひご自身に合った方法で試してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る