頭皮ダメージを防いで薄毛対策

頭皮のダメージが蓄積されていると、新しい毛が生えたとしても弱々しい産毛のようなものになってしまいます。
太くてしっかりした毛で薄毛を防ぐのなら頭皮の状態を整える事も大切な対策になるのです。

特に夏場は強い紫外線によって頭皮、特に毛細胞にダメージを受けてしまい薄毛の原因にもなります。
更に汗や脂が毛穴に詰まってしまって毛の成長を妨げてしまうため、夏場の頭皮の日焼けは薄毛の方は絶対に避けるべき事と言えます。

頭皮は顔の皮膚よりも4倍紫外線によるダメージを受けやすいといわれていますから、対策としてはまず帽子を被って直接紫外線を浴びない様にする事が大切です。
帽子は蒸れて良くないと思われがちですが、その日の皮脂や汗をしっかりとその日のうちに洗えば問題ありません。
また紫外線から頭皮を守る為のスプレーも販売されていますが、これらはどうしても毛穴に詰まってしまうことからあまりおすすめは出来ないと言われています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る