薄毛と聞くと一般的に男性や中高年の方、高齢者の方というイメージがつきがちですが、現代では20代〜40代の女性の方の薄毛の悩みが増加しています。

そういったものの原因の一つに便利化された食生活が挙がっており、食の欧米化による脂分の多い食べ物が増えたことが大きな要因です。
脂を過剰摂取することで皮脂が過剰に排出され毛穴が詰まってしまったり、ドロドロになった血液によって十分な栄養が毛に行き渡らなくなってしまいます。
すると毛は十分な栄養を得ることが出来ずに抜け毛や薄毛になってしまうのです。

他にもホルモンバランスの乱れやストレス、生活習慣、またカラーやパーマ、アイロン等のヘアケアというように、現代女性は男性よりも薄毛になる原因が高いので、若いうちから対策を行なうことが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る