毎日を忙しく過ごしていると、つい食べるものも適当になってしまったり、簡単なものになってしまったりしてしまいますが、もしかしたらそのさり気なく食べているものに薄毛になる原因が隠れているかもしれません。
特にカップラーメンやファストフードは手軽に食べられて美味しいものが多いですが、そういったものばかり食べていると、残念ながら丈夫な毛が生えてくる希望は薄くなります。
育毛剤やマッサージ、飲み薬で薄毛対策をするのも良いですが、まずは髪の素ともなる食事を見直してみてください。

髪の毛は私たちが毎日食べたものが栄養素となって生えてきます。
薄毛対策に良いと言われる食べ物の代表が納豆です。納豆には髪の素になるタンパク質が多く含まれています。
さらに大豆に含まれるイソフラボンは薄毛の原因となる男性ホルモン「テストステロン」の分泌を抑えます。
また、頭皮の環境改善に効果的なビタミンB2も豊富に含まれているので、根本的な薄毛対策を行なえるのもポイントです。
納豆が苦手な方なら豆乳でも近い効果が得られるので、ぜひ試してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る