男女共に薄毛の人には、毎日お酒を飲んでいるという共通の習慣があります。
お酒を飲み過ぎてしまうとアセトアルデヒドと呼ばれる毒性物質が発生し、血中のテストステロンを脱毛症の原因物質であるジヒドロテストステロンに変えてしまう働きがあるのです。

適量のお酒を楽しむのならアセトアルデヒドが発生することもありませんので、お酒が好きな方で薄毛に悩んでいるという方は、少し飲酒量を減らしてみると変化があるかもしれません。

また、お酒を飲んだ直後は血行が良くなりますが、酔いが醒めると血行が悪くなってしまうので、頭皮の状態にも良くありません。
体に強く影響を与えない適量は、多くても1日に大きいアルミ缶1本分と言われているので、この辺りを目安に飲酒を楽しんでみてみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る